旅と計画

計画と計画倒れとの記録

エーゲ海クルーズのお金

クルーズは移動・食事・ソフトドリンク込みだったので、現地での交通費や食事代、お土産代くらいでよかった。ギリシャもイタリアもユーロなので出発の羽田で2万円ほど両替して、カードが使えそうなところはカードを使ってキッチリ使い切りという感じ。 公共…

ギリシャの郵便事情

ミコノス島の郵便局から投函。1週間ほどで到着しました。 ミコノス島の郵便局は新港に行く船が出ている港のバスターミナルの近くにあって、旧港から歩いて行けます。中に入ると結構並んでて、手紙出す人多いんだなぁと思ってたら大半が道を聞きにきてる観光…

イタリアで食べたもの

ローマ 「パルコ・レオナルド」が思ったより盛り上がらなくて早めに戻ってきた空港で食べた晩御飯。ブッフェスタイルのカフェ。空港職員も食べてた。肉類もあるのでがっつり食べたい人にもいいと思う。ポーションはどれも多め。出来合いのものもあるけど、パ…

ギリシャで食べたもの

クルーズは三食付きなので、ギリシャであまりご飯を食べる機会がなかったのが残念だったねと、帰国後に東京でギリシャ料理を食べに行った私達でした。美味しかったし、ご主人がかなりのギリシャ好きというのもポイント高いです。 アテネ パルテノンに行く前…

エーゲ海クルーズ船内で食べたもの

ご飯はどれも薄味なので日本人に合うと思った。美味しいけどイタリアンが中心なので、現地の食を楽しみたい人はお昼を外で食べるとか工夫する必要があるかも。 乗船日のランチ。毎回この大きさのケーキが用意されてるんだけど、あっという間になくなる。カフ…

イージージェット搭乗記:バーリ→ヴェネツィア

勝手知ったるイージージェット。バーリからヴェネツィアは季節運行らしく、私たちが乗る日から運行開始だった。これがなかったらかなり高いチケットを取らないといけなかったので本当に助かった。LCCは思いがけないところから思いがけないところに飛んでたり…

エーゲ海クルーズいよいよ下船

のんびりできたようなできなかったようなエーゲ海クルーズも終わり、いよいよ下船となりました。 終日航海日の朝、下船用のスーツケースタグだけ配布されて手順やタイムテーブルなどはなく、これだけでどうしろというんじゃ〜と不安になった。それでも日中、…

エーゲ海クルーズ:船内での過ごし方

サントリーニ島を離れて、翌日は終日航海日。アドリア海を横断して船はバーリに戻ります。出航してから好天続きだったのに、ここに来て少し崩れてきて揺れも大きかった。それでもカフェで開催されたナプキン折り講座に参加したり、一瞬の晴れ間をぬってプー…

ギリシャ観光:サントリーニ島編

ミコノスは2日間滞在だったので特に計画も立てずのんびり過ごしたけど、サントリーニは1日なのでツアーに参加せず観光するには少し計画を立てないとなと思って前日にみんなで少し計画を立てた。公共バスがどれくらいの頻度で出てるのか?そもそも乗れるのか…

ギリシャ観光:ミコノス島編

沖に停泊して2日間過ごせるミコノス島。私はサントリーニ島の方は写真でもよく見かけるし賑やかなのかと思っていたけど、こちらも負けず劣らず賑やかで町も発展してました。 コルフやアテネと違って、テンダーボートで上陸。旧港に向かいます。後で知ったの…

ギリシャ観光:アテネ編

2つ目の寄港地「アテネ」 「伸身の新月面が描く放物線は栄光への架け橋だ」しか出てこない。とりあえずパルテノン神殿は見たい!お土産物を買いたい!ということで中心部とパルテノンの丘を目指すことに。 アテネもコルフと同じく中心部へのシャトルバスがあ…

ギリシャ観光:コルフ編

最初の寄港地「コルフ」 全くどんな所か知らなかったけど、エリザベートが静養にきたヨーロピアン憧れの土地、らしい。 中心地は真ん中辺の丘を越えた先にあって道も単純なので歩けないこともないけどやめといた方がいい。桟橋からシャトルバスの出るターミ…

エーゲ海クルーズの船室:コスタ・ネオリヴィエラ

バハマクルーズでは一人だったのと揺れが心配だったので内側船室にしたけど、今回は直前の予約で選択の幅が狭かったこと、3人だから少し広めの部屋にしようとミニスイート 船室にした。ソファベッドを広げるといっぱいいっぱい。でも収納が多かったので乗船…

エーゲ海クルーズいよいよ乗船:バーリ

宿でチェックアウトギリギリの時間にクルーズターミナル行きの定額タクシー(18ユーロ)を呼んでもらった。港に入ると追加料金がかかるのでこのお値段。もっとお安く行きたい人は港の入り口までタクシーで行けば市内料金だし、そこから徒歩4-5分でターミナル…

イタリア観光:ローマ、バーリ

ローマ 昼過ぎにイタリアに入国して、10年前に来た時にものすごい盛り上がったショッピングモール「パルコ・レオナルド」へ。 途中荷物預けを見つけられず、スーツケースを転がして「パルコ・レオナルド」に向かう私たち。結局、現地でも荷物預けはなく、ず…

バーリの宿

クルーズ前にバーリで泊まる宿は、3人泊まれる部屋があるところはもちろんなんだけど、夜遅くに到着なこと、翌日午前中に旧市街を観光することを考えると立地も考慮に入れないとなぁといくつか候補を考えた。 旧市街の宿に泊まるのは素敵だと思うけど、建物…

百蔵山日帰り

夏山に向けてリハビリ山行に行ってきました。 駅からちゃちゃっと登れるところはないかと今週に入って思い立ち、前から何度か候補に挙がっていた百蔵山に行くことに。中央高速道路猿橋バス停付近でおなじみの猿橋に8時過ぎに到着。シーズン中は9時に登山口ま…

ライアンエアー 搭乗記:ローマ→バーリ

カタール航空に続いて初めて利用する航空会社。これまで何故か乗る機会がなかったんだよなぁ。 とにかく搭乗時の荷物チェックが厳しいと事前に仕入れていたのでビクビクだったけど、特に何も言われずすんなり乗れた。ビザチェックもなし。でもチョコチョコと…

空港色々:ドーハ、ローマ、バーリ、ヴェネツィア

もう羽田の話はいいよね……と今回使った海外の空港の感想など。 ドーハ 周りに何も見えない広い空港。到着は早朝と深夜なので沖停めでも安心かと思ったら熱気がすごかった。バス早く来て〜。窓ガラスにも日差し避けが施してあるものの近づくと暑いし日差しの…

カタール航空搭乗記

初めての中東系。南回りはやはり時間がかかって疲れると聞いたがいかがなものなのか?空港が広くて乗り継げなかったというブログもいくつか見たけど大丈夫なのか?全く手探りだけど初めて乗る航空会社はやっぱりワクワクする。 羽田空港には新宿を20時に出発…

イタリアまでの航空券予約の悩みどころ

クロアチアを旅した時にアドリア海を夜行フェリーで横断し、たどり着いたバーリ。そのままアルベロベッロに移動して、観光した後に夜遅い便でローマに移動したので全く観光しなかったけど、まさか10年後に再び訪れることになろうとは。 クルーズ船の発着港に…

エーゲ海クルーズっても色々あるのよ

2018年の初夏の旅行はエーゲ海クルーズに決定したけれども、エーゲ海クルーズのコースは山ほどある。ギリシャだけじゃなくてクロアチアを含めたりするともっと多くなるので、そこも悩みどころだった。 候補として挙がったのが、 アテネ発着4泊5日。島での滞…

リベンジ旅行はエーゲ海クルーズ

2017年の秋のこと。私の所属する部署が2018年の春に別の会社に編入されることが発表され、その場で私は有休消化するのにアフリカに3週間行ってやろうと思い立った。上司も「編入前はそんなに忙しくないと思うし、自分の仕事のスケジュールに影響なければいい…

2018年旅の振り返りと2019年にやりたいこと

今週のお題「2019年の抱負」 明けましておめでとうございます。 やる気がある時しか更新されないこのブログ。2018年は職場が変わったこともあり、バタバタでさらにやる気が削がれておりましたが、今年も長い目でお付き合い下さい。 2018年の旅の振り返り 職…

バハマの郵便事情

船のレセプションからも郵便物は出せると聞いていたけど、せっかく平日にナッソーにいるんだからポストに投函してみようと港の周辺を探した。だけど見つからないので港の出入り口で交通整理をしていたお巡りさんに聞いてみたら、出入り口からまっすぐ伸びて…

クルーズのお金

ほとんど現金使わないだろうなと思ったけど、バハマの小さな商店でクレジットカードが受け付けられなかったら困ると思い、出発前に260ドル両替して行った。約3万円。 船の中は事前に仕入れていた情報通りにクルーズ カードにクレジットカードを紐付けしてる…

おひとり様クルーズの実態:小ネタ編

つい撮ってしまったネタ写真置き場。 ケネディ宇宙センターLCCのリサイクル推進張り紙。世界中で採用されている傘ポン。残念なことにNASAでは採用されず。乗船後は毎日のようにお寿司を食べませんか?という展示がビュッフェにあった。パックに巻き寿司が並…

おひとり様クルーズの実態:とうとう下船

ココケイから戻って来ると部屋に最終下船の案内が届いていた。下のチラシとスーツケース用のタグとチップ袋。 実は出かける前に一番欲しかった情報が下船のタイムテーブルだったので、ちょっと詳しめにレポート。どうして下船時間の情報が欲しかったかという…

バハマ観光:ココケイ編

夜に甲板に上がって海を眺めていると遠くに島の明かりが見えたり、別の船が通っているのが見えて、改めてこの海域の島とクルーズ船の多さにびっくりした。今日上陸するロイヤルカリビアンのプライベートアイランドのココケイは隣がノルウェージャンクルーズ…

バハマ観光:ナッソー編

夜明け前に入港。最終的にはマジェスティも入れてロイヤルカリビアン2艘、カーニバル2艘のクルーズ船が停泊していて圧巻の景色になった。パスポートチェックのところではバハマの入国スタンプをもらえないけど、左側の黄色の塔のある建物でスタンプをもらう…