読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と計画

計画と計画倒れとの記録

関空までの国内線予約

サクサクと海の向こうの手配は進んでいったけど、国内線は2ヶ月前にならないと

予約が入れられないので手配が一番最後になった。

関空までの道のりは飛行機だと関空に直接、伊丹や神戸からバス等で乗り継ぎになる。

今は関空で乗り継ぎがあれば、伊丹からのバスが無料になるキャンペーン中。

しかも料金は伊丹行きの方が2千円ほど安い。

問題はそうすると1時間ほど早い便で羽田を出ないといけない。

さすがに6時くらいに羽田発となると結構キツい。

修行をしていた時に6時台発の便に乗るのに羽田まで行ったことあるけど

かなり辛かった。

きーちゃんに話したら「関空で良いじゃない…」と。

奇をてらわず全日空の関空行きを予約。

と、座席指定まで行って気付いた事が。

いつも通り前方席を指定しようと座席表を見てみると、

エコノミーなのにプレミアム座席みたいな並びになってる。

そう。有名な話だったようですが朝一の関空行きは国際線機材を使っていて、

前方は近距離ビジネスクラスの座席を使用しているのです。

国内線でビジネスに乗れるなんて〜!

きーちゃんも「そんなのあるんだ!へ〜」と驚き。

 

帰りの時間帯はスターフライヤーが良い感じの時間帯なので予約。

乗ってみたかったキャリアなので最後の最後まで楽しみな旅になりました。