読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と計画

計画と計画倒れとの記録

シリヤライン乗船中

なんとなく乗船が始まったので乗り込み、体当たりで船室のドアを開けて無事に乗船できました。

Aクラスの2人部屋は8階。室内はサイトの部屋紹介写真通り、丸窓の下の読書灯のついた小さな台を挟んで両端に簡易ベッド、入り口入ってすぐにトイレとシャワーのユニットとハンガーと鏡台、反対側に薄型のテレビ。鏡台の所にある金具はなんと栓抜きだ。電源も2口あるので喧嘩にならないね。

f:id:sashim:20130705022331j:plain

簡易ベッドの1台はソファーになっていて、シーツと布団が丸まって隠れているタイプ。もう1台は壁に収納されているものを倒すと既に寝具がセットされているタイプ。

f:id:sashim:20130705022300j:plain

この寝具を留めているゴムバンドが固い…

ベッドをどちらもセットしてしまうとスーツケースを開いたりできなくなるので、寝るまではソファーだけにしておいた方がいいと思う。スーツケースは大きさにも依るけど開いてベッドの下に押し込んでおけば問題ないし、空いてるスペースがいっぱいいっぱいになるけど2つ同時に開いても大丈夫だと思う。私たちはスーツケースとバックパックなので広さ的には全く問題なし。荷物の整理をしているうちに、またアナウンスもなく出航していた。振動とかエンジン音とか一切なし。

荷物の整理も一段落したのでスーパーに行くついでにデッキに出てみた。ここでも館内で移動する人達でエレベーターが混雑。階段を使う事に。途中レストランフロアを通ったけど、すでにアラカルトレストラン等は満席。ビュッフェは団体さんで混雑。レストランフロアの窓は大きく取ってあって窓側に廊下がある。そこで座席だけ料金で乗っているんだろうなーという子がサンドイッチを食べてたりして夏休みなんだなぁと思った。デッキは中国の団体さんの撮影会会場になっていた。そんな中、小さくなっていくストックホルムを写真に収める私たち。

f:id:sashim:20130705030720j:plain

実はここまでにちょっとした事件があった。

私「これだけ団体さんがいると中国人と間違われそうだなぁ」

き「ファッションセンスが違うから間違われないと思う」

ここまで中国の団体さんの色合わせや柄合わせ、素材合わせの感覚に新鮮な驚きを提供されていたのでこういった発言があったのですが、きーちゃんがカメラを部屋に取りに戻ったのを待っている時に、思いっきり中国人のおばちゃんに話しかけられました。もちろん中国語で。

日本で着ているのと同じ服だったのに。

Tシャツにジーンズだったのに。ツアーのバッジやワッペン付けてなかったのに。ここら辺が旅行をする際に私が問題だなと常日頃考えているところであって、とにかく日本人だと見られない。前の列まで日本人かそうじゃないかキッチリ見分けていたCAさんにまで間違われたり、なぜか2回もタジキスタン人に間違われている。多分メイクや服装なんだと思うけど、首から一眼でもぶら下げとけばいいのか?

閑話休題。デッキで景色を楽しんだ私たちは本来の目的であるスーパーへGO!!シリヤラインのスーパーは免税価格。乗船待ちの時に見た昼便のお客さん達はみんなビールを何箱も買っていたし期待は高まっておりました。ショッピングゾーンは化粧品、衣類・雑貨、食品の3つ。化粧品は空港の免税店よりも少し高いかな?というくらいで品揃えもあまり変わらず。衣類・雑貨は商品数は少ないものの、ムーミンやマリメッコなども一応揃っていた。

f:id:sashim:20130705032730j:plain

私たちのメインは食品なのでワクワクしながら食品スーパーに行ったら大混雑w。地元の人達が必死で安い酒を大量購入していました。ビールの箱にカートが付いてるものまで売っていて、そのカート付きの箱プラス普通の箱買いビールを全部で6箱くらい括り付けてる旅行者も。

カートのコマ回らんだろそれじゃ…

私たちはばらまき土産用のお菓子の値段チェックと今夜部屋で飲む飲み物とお菓子の調達で終了。お菓子はスーパーと空港免税店のいいとこ取りといった感じなんで、ツアーとかでなかなかスーパーに行く自由時間がないという人も便利だと思う。

部屋に帰ってからはシャワーを浴びた。シャワーとトイレが一体化しているユニットで、トイレとシャワーの間にシャワーカーテン、トイレの横に鏡と洗面台、壁にドライヤーとボディソープとトイレットペーパー。このシャワーが曲者で、思いっきりユニット内が水浸しになる。なんで床に着替えやスリッパを置いてはならない。添え付けのボディソープは出すのに力がいる。でも湯量や温度は申し分なし。終わったらあっという間に水が切れていくので、残った水滴を置いてあるスクレーパーで排水口に追いやったら床があっという間に乾いた。優秀。

f:id:sashim:20130705022323j:plain

2人ともパジャマに着替えて、ベッドもセットしたら窓の外を過ぎていく小さな島々を見ながら飲んだ。島が通り過ぎる早さを見ていると船って結構早いねとか、ガイランゲルで見た客船が横を通っていて、もう追いついてきたのか?!と驚いたり。(調べたら同じ会社の違う船のようでした)いい時間になってきたのでカーテンを閉めて就寝。特に揺れや振動を感じる事なくグッスリ眠れました。