読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と計画

計画と計画倒れとの記録

台湾で食べたもの

全体的に味付けはアッサリ。セルフ調味料は用意しているのでアレンジは可能ですが、出てきたままでも十分美味しかったです。

機内食も食べていたので昼食はスキップしてデザートへ。夕立の中を宿から徒歩で行ける「思慕昔(スムージー)」へ。観光客でいっぱいで座る所の確保が難しかったけど何とか確保してパンナコッタの乗ったマンゴーかき氷を2人で1ついただきました。店員さんに「今の季節は冷凍マンゴーですがよろしいですか?」と聞かれたとおり、氷よりも半解凍のマンゴーが一番キーンと来た。

f:id:sashim:20140222140742j:plain

かき氷を食べた後は永康街をブラブラして、故宮博物院に向かいました。団体さんがいなくなる夕方過ぎまで博物院内のカフェでまったり。擂茶と煎ったクルミを杏のペーストで固めたお菓子を注文しました。店員さんに「甘いよ」と言われた擂茶は、うぐいすきな粉を湯でのばしたようなもので甘くはないけどお腹にたまる感じ。お菓子は甘そうに見えますが実は甘くなく、クルミの香ばしい風味が良かったです。スーパーでも売っているので気になる方は是非。f:id:sashim:20140222190540j:plain

夜間開館で帰りが遅くなるだろうと思っていたら、意外とスムーズに見学できて鼎泰豐の閉店時間に間に合ったので25分待ちで着席。A菜の炒め物、高菜と豚肉の汁そば、小籠包、蟹味噌入り小籠包をいただきました。蟹味噌入り小籠包は普通の小籠包と区別するのに皮で作ったカニの目印が入っていて可愛かった。f:id:sashim:20140222221134j:plain

f:id:sashim:20140222221430j:plain

f:id:sashim:20140222221902j:plain二日目は宿の朝食から。パイが乗っかってる器があるので何かと思ったらコーンスープだった。毎朝あったからこだわりなのかな?他にも小さな宿なのに品数は充実していて選ぶのが楽しかったです。果物の季節に来たらもっと楽しいかもしれない。f:id:sashim:20140223091239j:plain

f:id:sashim:20140225085007j:plain2日目の昼は天気がよかったので台北101に登って、お昼はそこのフードコートでちゃちゃっと済ませました。地元の人や観光客で賑わっているので、座席を確保するのに苦労した…担仔麺と青菜炒めと海老の揚げ春巻きのセット。アッサリ。和食もあるしバリエーション豊富なので買い物や観光の途中にさっと済ませたい人にはいいと思います。f:id:sashim:20140223135450j:plain猫空から帰って来て、おかずが美味しいという忠南飯館へ。ここはメニューは中国語だけなので前もってチェックしておいた方がいいと思います。地元の人と相席になりましたが、向こうの人はみんな卵が好きだな〜と選んでるメニューを見て思った。f:id:sashim:20140223200904j:plainこのように手書きで注文。上から肉団子と白菜の煮物、豚足と大豆の煮込み、酸辣湯、干し豆腐と肉の炒め物。ご飯とお茶はセルフで食べ放題飲み放題です。

肉団子と白菜の煮物は和食の白菜の煮物のようなアッサリとした味付けで、実家を思い出した。肉団子は細かく引いた豚肉にしっかりと香辛料で味付けしてあり、こちらも美味。豚足大豆は、大豆に豚足のダシと刻んで入っている香辛料の風味がしみていてすごく美味しい。酸辣湯はあまり酸味を感じなかった。干し豆腐と肉の炒め物はすこしピリっとしていてご飯がすすむ。どれも美味しかったけど2人でこれは少し多かったかな。人数多めで来るのがお勧めです。テイクアウトも言えば箱を出してくれるみたいです。f:id:sashim:20140223200917j:plain

f:id:sashim:20140223202542j:plain

f:id:sashim:20140223202632j:plain

翌日は宿の朝食をとらず外で取ることに。最初目指していた店が定休日だったので中正記念堂近くのこちらへ。ガイドブックを持った日本人がたくさん来てました。

小籠包を頼んでいる人が多かったけど、私は鹹豆漿(シェントウチャン)だけ。これがめちゃめちゃ美味しかった。桜えびみたいなのとごま油、揚げパンなど入っているものの風味が合わさって、おぼろ豆腐の温かさと相まって美味い!会社の近所にあったら通うなーと思わせる味でした。

f:id:sashim:20140224100450j:plain

f:id:sashim:20140224095314j:plain

昼は九ふん行きのバス乗り場に近い、そごう近くの阿宗麺線で。ここはテーブルがあって座って食べられるんです。小を注文。カツオだしの効いたトロトロスープとそうめんとモツとパクチーのハーモニー。パクチーは注文の時に入れるかどうか聞いてくれました。これだけだとアッサリ味なので、セルフで投入できるニンニクのすりおろし、酢、チリソースが用意してあります。私は酢とチリソースを入れました。きーちゃんは「私はモツだめかも」って感じだったけど、モツ以外の麺だけ食べても美味しいので是非。f:id:sashim:20140224143815j:plain

九ふんから戻ってきて食べ物屋が多いとガイドに書いてあった寧夏観光夜市へ。一通りぶらっと眺めてから、餃子、ニンニク入りソーセージ、果物(レンブグアバ)、卵と他に具が入っている揚げパンみたいなものを食べました。

ここの夜市は屋台以外にも脇に食堂がずらっと並んでいて、そっちで食べている人も多かった。規模は小さめなので全部見て歩いてから何を食べるか決められるのも良かった。f:id:sashim:20140224203930j:plain

f:id:sashim:20140224205600j:plain

f:id:sashim:20140224204904j:plain

f:id:sashim:20140224205835j:plain

f:id:sashim:20140224212059j:plain夜市からすぐの所にある豆花屋でデザート。白キクラゲとピーナツをトッピングしました。結構デカいです。蜜はやはりアッサリした甘さで豆腐に合ってました。f:id:sashim:20140224214044j:plain

f:id:sashim:20140224214559j:plain最終日は宿で朝ご飯の後でお土産の買い物に出かけ、宿でパッキング後に永康街の大来小館で魯肉飯。これで小です。肉味噌はしっかりした味付けだけどクドくなく、スパイスが苦手な人でも大丈夫なマイルドさ。タケノコの煮物も美味しかった。肉味噌とタケノコの煮物のハーフ&ハーフみたいなのも写真があったけどなんて言うんだろう?とにかくこの2品はお勧めです。f:id:sashim:20140225130122j:plain次にネギ焼きの中に色々と具を入れているもの。卵、ハム、チーズの全部入れを頼んだら、みっちりした食感かと思ったらおばちゃんが記事を叩いて空気を含ませているのでモチふわでした。チリソースをかけるかどうか聞いてくれます。鉄板の熱でかなり店の近くは暑いので夏はどうなるのかな〜と思いながらハフハフ食べました。f:id:sashim:20140225131552j:plain午後に空港へ向かい、春水堂のタピオカミルクティーと佳徳で買ったプリン。お腹いっぱいです…f:id:sashim:20140225150646j:plain

f:id:sashim:20140225150908j:plain私はどれも美味しかったけど、八角パクチーなど香辛料やハーブの匂いや風味が苦手な人はキツいかもしれません。台湾のご飯が合わなくても、和食も浸透しているみたいなのでどうしてもだめな場合でも逃げ場はあるのがいいなと思います。

広告を非表示にする