旅と計画

計画と計画倒れとの記録

全日空予約

関空深夜発のターキッシュエアラインズで安く済ませられないかと思っていたのだが、妹の旦那マサ君が休み前は定時帰宅は不可能と言われたのと、できれば日系で行きたいと言うので、羽田で合流してANAでヨーロッパまで行くことになった。

結果としては乗り継ぎ料金だと関空までバスで行くのと同じくらいで国内線往復がつけられたので良しとするか。支払いは妹達だし。

でも私の分までは持ってくれない。持ってくれても良さそうなものだと思うのだがそういうわけにもいかないので特典航空券で行けないかと調べる。結局サーチャージ等込みだとコインに変えて通常購入でもそんなに変わらないので、マイルをコインに変えて普通に購入。久しぶりの日系でヨーロッパ。

ルートはパリ単純往復、ブリュッセルinパリout、パリinブリュッセルoutで料金と滞在時間を見比べて、パリ・ブリュッセル間をタリスで往復するよりも、オープンジョーにする方が安いのでパリinブリュッセルou、復路はフランクフルト乗り継ぎの便にした。妹は以前に家族でイタリアに行った時のフランクフルトでの乗り継ぎ時にホットドッグを食べて美味しかったことを覚えていて、最後に食べて帰れる!と喜んでいた。