旅と計画

計画と計画倒れとの記録

メキシコのLCC予約

日本からカンクンの往復はユナイテッドで予約をしたけど、キューバ往復とメキシコ国内路線はLCCで予約することにした。

ハバナ路線

カンクンハバナハバナメキシコシティは、クバーナ航空は遅れるというブログ記事がよくあったし、お値段も安かったからインテルジェットを使うことにした。

Vuelos y Paquetes Nacionales e Internacionales - Interjet

ウェブサイトからの予約は特に難しい所はなく、預け荷物も座席指定もコミコミの料金なので、LCCにありがちな余計にお金を使わせようとするトラップはなかった。カンクンからとメキシコシティまでをそれぞれ片道で予約して終了。登録したメールアドレスに旅程表が届いて終わり。

メキシコシティカンクン

国内線でメキシコシティ-カンクン間は航空会社も時間もよりどりみどり。メキシコは国際線は3時間前、国内線でも2時間前までに空港に来いと言われるし、実際に行った方が良さそうなので、ハバナからの到着が夕方だし滞在時間のことを考えるとカンクンに移動するのは夕方から夜にかけてにしようと決めた。

ビバアエロブスは遅延が多いらしいので却下。ハバナ行きで使ったインテルジェットはお値段が高い。なので運行クオリティ的にはそんなにインテルジェットと変わらないらしいボラリスを使ってみることにした。

Volaris® The Mexican airline with best fares.

こちらも予約の流れは同じ。でもトラップは多い。便を指定して次の画面に行くと、おまかせセット料金(優先搭乗や座席指定、追加預け荷物、予定変更)の追加がいきなり出てくる。どれか選択しないといけない気にさせるけど、下にスクロールすると個別で選択できるようになってるので必要であれば選択。預け荷物1個と機内持ち込み2個までは無料。

そのトラップをやり過ごして次の画面に行くと料金が微増している。なぜ?よく見ると座席が選択されてて座席指定料金が勝手に追加されているのだ。これはどうするか……選択されているシートをクリックしてみると、選択が外れて元の料金になった。

この後も保険だホテルだレンタカーだシャトルバスだと勝手に追加されそうになるのでご注意あれ。どれも数百円から数千円ですが。

広告を非表示にする