読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と計画

計画と計画倒れとの記録

各空港へのアクセス

一人旅じゃない時や交通の便が悪い時、深夜早朝の場合は宿に送迎を頼んでいます。料金はタクシーと同じかちょっと高いくらいだけど定額だし、到着ロビーで名前出して待っててくれるし、宿泊先の住所を告げたりしなくていいので楽。

ハバナ

最初に泊まる宿にお願いしたら1台25CUCで手配してくれた。到着ロビーで名前出して待ってるからそこでお金を払ってくれと。手配が完了しててうまく落ち合えることを祈るのみ。

メキシコシティ

市内への定額タクシーがあるのでそれを利用。

カンクン

夜遅くに着くし、1時間ほどかかるプラヤデルカルメンまで移動するので待たずに出発できる貸切送迎にしようということになった。LCCを手配する時にシャトルバスの案内があったなーと思って検索をかけたら、混載シャトルだけじゃなくて貸切もやってるみたいなので頼んでみることにした。プラヤデルカルメンまで2人で800ペソ。

英語のホームページも用意されてるけど予約フォームに行くとスペイン語のみ。まぁ良くあるパターン。フォームに入力する時のポイントは「すべての欄に何かしら入力すること」。名前、メールアドレス、電話番号の次にコメント欄があったけど、特にコメントはないので空白のまま流したら数回エラーになり、これはフォーム自体が壊れているのかも?と思ったけど、コメント欄に「no」(nothingの方がよかったか)と入れてみたら流れた。クレジットカードなどの支払い情報を入れる画面もなく予約だけが流れる仕組み。その後、システムから予約確認メールが届いて当日空港で落ち合う。

予約が成功してるのかどうなのかよくわからなくて、フォームから予約申し込みを2回流してしまってダブってしまった。一つ消してもらおうとウェブサイトのコンタクトページのフォームから連絡したけど何も返事がないので、予約確認メールにあったメールアドレスにダブってる予約番号を連絡したら、翌日「予約番号⚫︎⚫︎⚫︎⚫︎を削除しました。宿泊予定のホテル教えて」と返事が来たので名前とアドレスと電話番号を返事しておいた。

 

どの空港もちゃんと会えるのか、宿まで行けるのかは当日にならないとわからない。乞うご期待。