読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と計画

計画と計画倒れとの記録

ワールドフェイマス@あしかがフラワーパーク

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

シンガポールでのクルーズをキャンセルしたかわりに実家に帰省したので、GWは久しぶりに東京にいることにした。そこでこどもの日に、きーちゃんとエッコがあしかがフラワーパークに行くのというので一緒に行くことにした。

足利市といっても足利学校くらいしか思いつかず、どうやって行くのかもわからないので調べてみたら、東武が入場券とシャトルバスがついたお得な切符を出しているようだった。JRも新宿発の東武直通特急を使ったパッケージがあったけど、乗り継ぎが面倒なのと時間が限られるので東武を使うことにした。切符は乗車券だけなので特急券は追加購入するタイプ。

ライトアップを見たいので午後に出発して夜までいようということになった。東武の特急というと尾瀬に帰りに鬼怒川方面からしか買おうとしたことがなく、いつも数人前で売り切れているので行きも帰りも指定しておきたかったけど、切符を買いに行ってくれたエッコによると「シャトルバスの遅延があるかもしれないので帰りの特急券は現地で買った方がいい」と東武トラベルで言われたらしいので、行きの特急だけ先に買って帰りは現地購入することにした。f:id:sashim:20170505135113j:plain浅草13:50発のりょうもう。中途半端な時間だけど途中駅からも人が乗ってきて、それなりに席は埋まっていた。足利市駅に着くと同じくフラワーパークに行く観光客が何組かシャトルバス乗り場に向かう。乗り場がどこか確認しないと!と思ったけど、改札のところに大きく「改札出て右」と書いてあった。花めぐりきっぷのバスクーポンを係りの人に渡して(行きと帰りを間違えて渡して「これ帰りの分ですね」と返されたりしたけど)乗り込む。ぞくぞく乗り込んできて時間通り15:15出発。車内では「モヤモヤさまぁ〜ず2」の足利市の回がなぜか流れ出し、大体30分で着くらしいけど到着までに終わるのかな?と思っていたら案の定20分ほどで到着してしまい中途半端なところまでしか見れなかった。正面ゲートから歩いて5-6分のシャトルバス乗り場に到着。シャトルバス乗り場は大型バスの駐車場にもなっていて何台も観光バスが停まってた。天気はすごく良くてゲートに向かう途中からものすごい人。

入り口を入るとお土産物売り場があって賑わってた。そこから園内に入るとすぐに藤ソフトクリームの売店があって長蛇の列。なんなんだこれは。藤棚がたくさん見えるけどそれ以上にとにかく人が多かった。園内地図を入場の時にもらったけど、藤とお土産販売に重点が置かれているのがはっきりと分かって、逆に潔さを感じた。f:id:sashim:20170505155952j:plainツツジはもう終わりかけだったけど、藤はドンピシャのタイミングだった。f:id:sashim:20170505160841j:plainきばな藤はまだ早くてつぼみだったけど、紫と白の藤は満開。f:id:sashim:20170505161349j:plainあまりにも暑いのでソフトクリームを食べて一旦休憩。一度来たことのあるきーちゃん曰く「藤ソフトよりも、とちおとめの方が美味しいよ」ということなので、とちおとめと牛乳のミックス。400円。とちおとめの味が濃厚であるにもかかわらず、後味はさっぱりとしていて美味しかった。

暗くなるまでまだ時間がかかりそうだったけど、エッコがウェブサイトで調べた帰りのシャトルバスの時間が18:45発の次が20:00発と間があったので、まだ明るいけど18時台に乗るか、それとも遅くなるけど20時台に乗るか、それとも帰りはタクシーに乗るか悩んだけど、増発があるかもしれないと案内所で聞いたら15分おきに出てたので安心して暗くなるのを待ちました。f:id:sashim:20170505170546j:plain夕方になっても一向に人出が減らない。f:id:sashim:20170505184013j:plainブドウみたいな八重藤。f:id:sashim:20170505190033j:plain白藤のスクリーンは池に映った影も綺麗だった。f:id:sashim:20170505190419j:plain長い。この下にみっちり人がいて写真を撮っています。久しぶりにあんなたくさんの自撮り棒見かけた。みんな必死で写真を撮りあっていて、もうちょっと殺伐としてるのかなと思っていたけど楽しそうだった。いろんな国の老若男女が藤の写真を撮りまくって、どこででも売ってそうなお土産を買っていてハッピーな空間だった。

帰りはシャトルバスを降りたところから19:30発のシャトルバスに乗り。しっかりと帰りのきっぷどうかチェックされ(花めぐりきっぷの券面が全て同じなので間違って電車の乗車券を出す人もいるらしい)、15分ほどで足利市駅に到着。帰りは「モヤモヤさまぁ〜ず2」は流れなかった。足利学校の前でも降ろしてもらえるようだったけど全員駅まで乗ってた。浅草までの特急券も無事に近くの席で買えて20:04発の特急りょうもうで浅草に21:25着であしかがフラワーパークの旅が終わりました。

ちょっとしたTIPS

園内は日陰がレストランや藤棚くらいしかないので、暑い時期は日傘や帽子を用意した方がいい。体力がない人は休憩時間を多めに取らないとキツい。休憩所はたくさんあるので相席でもよければ何とか座れそう。

食事ができるところは園内に何箇所もあるのでそんなに待たずに食べられると思う。焼肉コーナーとか栃木の名産コーナーとか面白そうだった。ただし藤ソフトクリームはどこの売り場も行列。

藤の花の前で1グループ1デバイスで写真を撮ってもらえるサービスが何箇所かあった。一応プロのカメラマンの撮影もついてくるけど、希望する人が写真売り場で買うシステムなので結構みんな並んでスマホとかで撮ってもらってた。

一応バリアフリーらしく、フラワーパークの専用車椅子を貸し出ししていた。でも園内の勾配は急なところもあるので、そのあたりに行こうとすると大変かもしれない。急勾配の先に池があったりするので歩いてる人も注意が必要。f:id:sashim:20170505164332j:plain久しぶりに連休中の観光地に行ったので新鮮だった。そして何度も書くけど殺伐とした感じはなく、みんな藤の花で気分が高揚しているのか楽しそうでよかった。