読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と計画

計画と計画倒れとの記録

フィンエアーチケット予約

2013北欧 旅の手配 交通

旅程が決まり、出発日もここにしようと決まった(決めた)んで

いよいよ航空券の予約に入った。が!

出発の3ヶ月前だというのに東京便がかなり値上がりしてしまったのだ。

ちょっと前まで12万台だったのが、いきなり16万台へって感じ。

どうすべ〜と思っていたらフィンエアーのウェブ予約画面に

関空帰りで羽田までの国内線が付くルートが出てきた。

ん?これはひょっとして?と関空発着にするとまさかの12万台。

ということは…これに羽田から大阪までの自分で予約した国内線合わせても

関空発着にした方が少しお安い?

きーちゃんに相談した所、家を出るのが少し早くなるのは辛いけど、

浮いたお金でオーレスン泊まりの所をガイランゲル泊まりにできるし

それでもいいんじゃない?と。

ってことで、まさかの関空発着となり、実際の予約ルートは

1日目 羽田→大阪(他社) 乗り継いで 関空→ヘルシンキ ヘルシンキ

2日目 ヘルシンキオスロ オスロ観光 オスロ

と少しオスロでの滞在時間が短くなりました。

国内線は2ヶ月前からの予約になるのでもうちょっと待つのだ。

 

ただ、この料金の上下ってのがクセモノで、2ヶ月前くらいになると

ツアー用にブロックしていた席が戻ってきたのか成田発着が少し値下がりしたり

オスロへの乗り継ぎ便も、私たちの時は高騰しすぎてて翌朝の便で予約したのに

売り切れてたのにまた復帰して瞬殺してと、かなり動きがあった。

だから早ければ早い時期に予約をするってのはまぁもちろんなんだけど、

早いからって日程的、価格的に有利じゃない時もあるし、

出発日が近づくと安い席が出るというのも間違ってはいないけど、

出るかどうかは運次第で、しかも出ても瞬殺するって事を考えると

自分が納得できればその料金で買うのが一番いいんじゃないでしょうか。

大抵の会社員旅だったら出発日と帰着日を簡単に変えられないだろうし。

損した得したの感情はどうしても出てくるだろうけど。

一つ言えるのは、私が必死で少しでも安い席を探している時に

セントレア発着のフィンエアーは安定の11万台だったってことだ(笑)

狙い目です。セントレアのフィンエアー。